失業保険をもらった時の話なのですが、その前にまず雇用保険に入っていたのかどうかが肝心です。

無駄をはぶこう!賢い保険の入り方
無駄をはぶこう!賢い保険の入り方

失業保険をもらった体験談

失業保険をもらった時の話なのですが、その前にまず雇用保険に入っていたのかどうかが肝心です。雇用保険の被保険者証を事業主からもらっていることと、そして離職票を発行してもらっていることが前提になるようです。離職票については労働者が希望した場合、会社はそれを作成する義務があります。その上で失業保険をもらうために保険者期間を満たしていることです、これは退職理由によって異なります。場合によっては被保険者期間が不足していても前職の離職票と合算して被保険者期間を満たすことができる場合もあるようなので、あるものはすべて持ってハローワークで相談することです。
「失業」の状態であることです「仕事を探していて、まだ就職先が決まっておらず、いつでも働ける」状態ということが前提になっています。
ハローワークで離職票の提出をして、求人の申し込みをしていることになります。
というように、段階を踏んで失業保険をもらいましたが、それよりも早く仕事を探して働かないとならないという焦りのほうが当時は大きかったように思いました。やっぱり子供も妻もいる男の失業は笑い事ではありませんから。

様々な情報をWEBで知りたい方へ

Copyright (C)2017無駄をはぶこう!賢い保険の入り方.All rights reserved.